院長ブログ こちらから>

治療家がオススメする腰痛の原因が解消する座り方-椅子編-

目次

治療家がオススメする、腰痛の原因が解消する座り方-椅子編-

腰痛は椅子の座り方が原因?

こんにちは、かんだ整骨院の神田です。
腰痛の患者さんから「楽な座り方があったら教えてください。」とご質問がありました。
実はこの質問はとても多く伺っております。

そこで、腰に負担の少ない椅子への座り方について書かせていただきます。

ソファーは腰痛の原因になるの?

椅子やソファーは、仕事・勉強・移動・商談など、日常生活では切っても切れない関係です。
そのため、腰痛でお悩みの方からは

  • 5分でも椅子に座るのがツラい
  • 椅子に座るのが恐怖
  • 柔らかいソファーは苦手
  • 足のつかない椅子は嫌い
  • 自動車や飛行機など、乗り物での移動が腰痛のため不安である

などの声をお聞きします。

私も腰痛で困っているときは、乗り物の移動が億劫でした。
そんな事もあって、いろいろと座り方を試した結果、とても楽に座れて、腰痛が軽くなった方法があります。

腰痛の原因が解消する椅子の座り方

簡単で効果的な座り方をご紹介させていただきます。

1.坐骨(お尻と太ももの間)に指を横から添える。

2.添えたまま、指の上に座る。

3.指を抜き、両足のつま先をまっすぐ正面へ向ける。

1〜3まで順番に座ると、とても自然に座れています。

この座り方は、体の上に4〜6キロの重さの頭が、バランスよく並ぶ座り方です。
腰が一番負担のない形で座ることが可能です。

ここに注意すると、腰痛の原因にアプローチ出来ます

お伝えした座り方は、身体に負担のかかりにくい座り方です。ですが、じっと長時間座ることは、動物である人間はそもそも得意ではない。とも言われています。
さりとて、立ったまま生活できるかと言ったら、それはそれであり得ないことですよね。

ですから、もし可能であれば座って20分ほど経過したら、一度立ち上がってみてください。
そして、少し歩いてください。
股関節で曲がっている血管がリラックスして、血の巡りが良くなります。

お伝えした座り方と併用することで、腰痛の予防になります。

まとめ

日常、避けては通れない椅子に座ること。無理なく楽に座ることを習慣付けていただくことで、腰痛の軽減はもちろんですが予防にもなります。
ぜひ実践されてみて下さい。

この座り方で腰痛がなかなか良くならない方は、他に原因があるかも知れません。
その時は、当院の整体治療がお役に立てるかもしれません。ご相談くださいませ。

(柔道整復師 神田博行 監修)

かんだ整骨院 神田博行
院長
1974年1月 旧新津市生まれ
・北信越柔整専門学校卒
・柔道整復師(厚生労働大臣免許第32245号)
・講道館柔道弐段
・TPI Lv.2メディカルプロフェッショナル(タイトリストパフォーマンス研究所)
・脳医学BASE研究会
・趣味 ロードバイク、食べ歩き、whisky・cognac・armagnac

『臨床経験20年以上の知識と経験で、あなたの健康に寄与いたします』

ーーー
〒950-0984 新潟県新潟市中央区女池東1−6−18 千里ビル3F
かんだ整骨院
電話番号 025−211−9541
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次